本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 町政情報 > 施策・計画 > 第5次六戸町総合振興計画「ろくのへ未来計画2030」

第5次六戸町総合振興計画「ろくのへ未来計画2030」TITLE

 本町のまちづくりの最上位指針である第5次六戸町総合振興計画(計画期間令和3年度〜令和12年度の10年間)を3月に策定しましたので、概要をお知らせいたします。

総論・基本構想

 本町の特性や課題、町民ニーズを総合的に勘案し、目指す将来像と、その実現に向けた分野ごとの目標や取り組み方針などを示しました。

まちづくりの3つの原則

  • 1.「住まうまち」としての質の向上
     「住まうまち」(住み続けるまち)としてのさらなる質の向上を進め、町民がずっと住んでいただきたくなる、また町外の人が移り住みたくなるまちづくりを進めます。
  • 2.「活力と交流」の創出
     基幹産業である農業をまちづくりの中心に据え、豊かで活力あふれるまちづくり、多くの人や物が集まる、交流あふれるまちづくりを進めます。
  • 3.「自律」のまちづくり
     みんなで協力し主体的に行動する自律する人づくりを進め、これを原動力に、自らの未来を自らで拓く自律するまちづくりを進めます。

六戸町の将来像

 本町が10年後に目指す姿を内外に示すものであり、これからのまちづくりの将来像として以下のように決定しました。
 「恵みの大地と人が結び合う やすらぎと感動の定住拠点・六戸」 

前期基本計画

 将来像を実現のため、新しいまちづくりの政策体系(分野ごとの主要施策及び数値目標)を定めております。
 ※注 詳細については、下記PDFをご参照ください。

ダウンロード


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。
更新日:2021.03.09

お問い合わせ


お問い合わせフォーム