本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 地域支援事業

地域支援事業TITLE

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)を始めました!

 介護保険制度の改正により、平成29年4月1日より介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)を始めました。
 総合事業では、これまでの要支援1と要支援2の認定を受けた方が利用できるサービスの一部を、町独自のサービスとして行うこととなります。

従来の介護予防給付と総合事業の違い

  これまで要支援1・要支援2の認定を受けた方が利用していた「介護予防訪問介護(ヘルパーサービス)」と「介護予防通所介護(デイサービス)」が、『介護予防・生活支援サービス事業』となり、その方の状態によって利用できるサービスが変わります。
  従来の介護予防サービスを利用する場合は、要介護認定が必要となりますが、介護予防・生活支援サービス事業のみを利用する場合は、基本チェックリストによる判定で利用することができます。

 介護予防給付と総合事業の違い説明画像

  利用までの流れ
 利用までの流れ説明画像


介護予防・生活支援サービス

  • 対象者
    • 要支援1および要支援2の認定を受けた方
    • 基本チェックリストにより生活機能の低下がみられた方
  • サービスの種類
    種類 内容
    訪問型
    サービス
    訪問型サービス これまでと同様、ヘルパーによる身体介護や生活援助。
    短時間サービス ヘルパーによる20分未満の生活援助。
    訪問型サービスA ヘルパーが生活援助に限定して援助する。
    通所型
    サービス
    通所型サービス 日常生活上の支援および運動機能の向上活動。機能訓練。
    通所型サービスA
    (ミニデイサービス)
    日常生活上の支援および30分程度の運動機能向上活動。
    送迎時間を含む4時間程度のサービス。


一般介護予防事業

  • 対象者
    • 65歳以上の全ての方
  • サービスの種類
    種類 内容
    介護予防
    普及啓発
    事業 
    湯遊クラブ
    (火・水・金曜日)
    運動や入浴が自己責任で行える元気な高齢者を対象とする。
    町内の入浴施設を活用。運動、入浴、交流を目的に実施。
    おでかけ教室
    (月・水曜日)
    閉じこもり傾向やもの忘れが多くなった方を対象に、運動、脳トレ、レクリエーションなどで脳の活性化を目的としている。
    元気アップ教室
    (木曜日)
    運動機能、口腔機能の低下がみられる方を対象に、運動機能および口腔機能向上のための体操を実施。
    元気はつらつ教室
    (金曜日)
    老人福祉センターの風呂を利用している方を対象に、運動、入浴、交流を目的に実施。
    地域介護
    予防活動
    支援事業
    いきいき百歳体操 地域の方がサポーターとなり、地域の高齢者を対象に重錘を使用した運動を実施し、身体機能の向上を図る。地域住民の通いの場(週1回程度)
    元気サロン 地域の方がリーダーとなり、地域の高齢者を対象に運動を実施し、身体機能の向上を図るとともに交流を図る。地域住民の通いの場(月2回程度)
    いきいきふれあい
    サロン
    地域の方がリーダーとなり、地域の高齢者を対象に公民館などに集まり、体操やレクリエーションなどの様々なメニューを展開し、交流の場を設けている。(実施回数は地区により異なる)

  湯遊クラブ 火曜日バス時刻表PDF文書(PDF文書/91KB)
  湯遊クラブ 水曜日バス時刻表PDF文書(PDF文書/132KB)
  湯遊クラブ 金曜日バス時刻表PDF文書(PDF文書/90KB)


基本チェックリスト

  • 『基本チェックリスト』とは
    No 質問項目 回 答
    (いずれかに○を
    お付けください)
    1 バスや電車で1人で外出していますか 0.はい 1.いいえ
    2 日用品の買物をしていますか 0.はい 1.いいえ
    3 預貯金の出し入れをしていますか 0.はい 1.いいえ
    4 友人の家を訪ねていますか 0.はい 1.いいえ
    5 家族や友人の相談にのっていますか 0.はい 1.いいえ
    6 階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか 0.はい 1.いいえ
    7 椅子に座った状態から何もつかまらずに立ち上がっていますか 0.はい 1.いいえ
    8 15分位続けて歩いていますか 0.はい 1.いいえ
    9 この1年間に転んだことがありますか 1.はい 0.いいえ
    10 転倒に対する不安は大きいですか 1.はい 0.いいえ
    11 6カ月間で2〜3s以上の体重減少がありましたか 1.はい 0.いいえ
    12 身長    cm 体重    s (BMI=    )
    (注)BMI=体重(s)÷身長(m)÷身長(m)
    1. <18.5 0.  ≧18.5
    13 半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか 1.はい 0.いいえ
    14 お茶や汁物などでむせることがありますか 1.はい 0.いいえ
    15 口の渇きが気になりますか 1.はい 0.いいえ
    16 週に1回以上は外出していますか 0.はい 1.いいえ
    17 昨年と比べて外出の回数が減っていますか 1.はい 0.いいえ
    18 周りの人から「いつも同じ事を聞く」などの物忘れがあると言われますか 1.はい 0.いいえ
    19 自分で電話番号を調べて、電話をかけることをしていますか 0.はい 1.いいえ
    20 今日が何月何日かわからない時がありますか 1.はい 0.いいえ
    21 (ここ2週間)毎日の生活に充実感がない 1.はい 0.いいえ
    22 (ここ2週間)これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった 1.はい 0.いいえ
    23 (ここ2週間)以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる 1.はい 0.いいえ
    24 (ここ2週間)自分が役に立つ人間だと思えない 1.はい 0.いいえ
    25 (ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする 1.はい 0.いいえ


認知症総合支援事業が始まりました!

 65歳以上の認知症高齢者が年々増加傾向にあり、国において平成24年9月に「認知症施策推進5ヶ年計画(オレンジプラン)」が策定され、その後、平成27年1月に「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」が発表されました。
 その中で平成30年度には、全ての市町村において認知症初期集中支援事業の実施が明記されたことを受け、六戸町においても平成29年度より認知症総合支援事業を実施することとなりました。

 <認知症地域支援推進員>および<認知症初期集中支援チーム>を配置しました!!
認知症地域支援推進員とは・・・



         
医療、介護などの各支援機関をつなぐコーディネーターです。
認知症についての相談支援を行います。
もの忘れ症状のある方やその家族に対して、相談・助言を行います。
認知症の方が、住み慣れた自宅で少しでも長く暮らせるお手伝いをします。
認知症の方やその家族の状況に応じた適切な医療・介護などの各サービスの調整を行います。
地域の方々に認知症を理解していただくための活動を行います。
認知症の正しい理解や対処方法、認知症予防などの普及啓発活動を行います。
認知症初期集中支援チームとは・・・
六戸町に在住し、在宅で生活している40歳以上の認知症が疑われる方で、下記のいずれかに該当する方
認知症の診断を受けていない方
認知症の治療を中断している方
適切な医療サービスや介護保険サービスに結びついていない方
サービスを利用しているが、認知症の行動・心理症状が顕著な方
上記の方を対象とし、複数の専門職(専門医・保健師・主任介護支援専門員・社会福祉士)がご自宅を訪問し、安心して地域で暮らすためのサポートを行います。



添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはこちらをご覧ください。



更新日:2017.08.16

お問い合わせ


お問い合わせフォーム