本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 食育 > 食生活改善推進員

食生活改善推進員TITLE

 六戸町食生活改善推進員は主にバランスのとれた食生活から健康的な生活を提案する、健康づくりボランティアです。


食生活改善推進員とは

 わが家の食卓を充実させ、地域の健康づくりを行うことから出発した食生活改善推進員は、「食生活を改善する人」を意味します。


食生活改善推進員の役割

 食生活改善推進員は、「私たちの健康は、私たちの手で」をスローガンに、バランスのとれた食生活の定着を目的に全国的に活動している健康づくりボランティアです。
 「家族」、そして「お隣さん、お向かいさんへ」と働きかけ、仲間とのふれ合いを通じて、地域ぐるみのよりよい食習慣づくりのために、六戸町食生活改善推進員も、トレードマークのピンクのエプロンを着て活動しています。


六戸町食生活改善推進員の活動

 六戸町食生活改善推進員会は昭和62年に結成され、平成28年に設立30周年を迎えました。現在は、約30人の会員がおり、発足当時から現役で活動している者もいます。       
 私たちは、町民の健康づくりのために様々な活動をしておりますので、地域の栄養教室や行事等で見かけた際にはお気軽にお声かけしていただければ嬉しく思います。

       
  朝食提供事業「かえで食堂」 平成28年12月20日 30周年記念式典

  • 六戸町食生活改善推進員の主な活動内容
    • 町の集団健診後にバランスのとれた朝食を提供(六戸町独自の活動)
    • 町内の小学校や地区公民館でおやこ食育教室を開催
    • 子どもの虫歯予防のために、歯に良いおやつのレシピを提案し、試食を提供
    • メイプルタウンフェスタで減塩の味噌汁、簡単おやつやご飯等の試飲・試食提供
    • TUNAGU家庭訪問
      ※注 TUNAGUとは・・・親子で“繋ぐ”,大人に“繋ぐ,高齢者に“繋ぐ”。
                    地域ぐるみで一体となって健康づくりに取り組む活動。


六戸町食生活改善推進員に興味を持った方へ

 食生活改善推進員になるには、市町村で開催される「食生活改善推進員養成講座」を受け、修了したのち、「六戸町食生活改善推進員会」に入会して会員となり活動が始まります。今年度、六戸町では、養成講座の開催を予定しております。詳細につきましては、福祉課までお問い合わせください。



更新日:2017.08.08

お問い合わせ


お問い合わせフォーム