本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 暮らし・防災 > 防災・防犯 > 注意喚起 > 高齢者を狙った布団のリフォーム事業者に係る注意喚起

高齢者を狙った布団のリフォーム事業者に係る注意喚起TITLE

 一人暮らしの高齢者宅に布団のリフォーム事業者が訪問し、次々と必要のないリフォーム契約をさせられたという相談が寄せられています。「必要ない」と断っても執拗に勧誘を続けるため根負けして契約し、それを誰にも相談できずにいることにつけ込み、次々と必要のない契約を迫る手口です。
 今後も同様の手口が発生する恐れがありますので、十分ご注意ください。

 少しでも不安な時は、消費者ホットライン(電話番号188)に相談してください!

【緊急・注意情報】
 高齢者を狙った次々販売にご注意ください!
  〈事例〉 
   県外に拠点のあるA事業者が突然自宅を訪問し、「うちから買った布団を見せてほしい」と言われたが、A事業者から買ったことがないので断った
 1週間後、A事業者は再び自宅を訪問し「あなたの布団について会社に報告しなければならない。布団を見せてください。」と執拗に迫ってきた。
 根負けして、いつも使っている布団を見せたところ「布団の側生地の状態が悪く、中も傷んでいる。無料で綺麗にしてあげます。」と言われ、無料という言葉に惹かれてリフォームを承諾した。
 その後、A事業者が帰った後で、控えの書類を見たら16万円の契約をしたことになっていた。
   (相談者:80代女性 一人暮らし)
  〈アドバイス〉
   特定商取引法では、一度断ったにも関わらず再び同じ勧誘をする行為は禁止されています。また、「布団が傷んでいる」などと不安をあおったり、「無料」と言いながら実は16万円の契約だったなど、事実と異なることを告げて契約させることは禁止行為に当たり、法に抵触する行為となります。
 少しでも不審に感じた場合や、強引に契約を迫られた場合は、一人で悩まず、家族や周りの信頼できる人に相談しましょう。また、高齢者の周囲の方は、日頃の見守りをお願いします。

 〈相談窓口のご案内〉 一人で悩まず、家族や下記の窓口に相談しましょう。 
 ◆消費者ホットライン     電話番号188(いやや!)



更新日:2016.11.29

お問い合わせ


お問い合わせフォーム