本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 暮らし・防災 > 保険・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品の活用

ジェネリック医薬品の活用TITLE

 「ジェネリック医薬品」は新薬に比べて価格が安いため、経済的負担が軽くなるというメリットがあります。


ジェネリック医薬品とは

 私たちが病院で処方してもらう医薬品には、新薬(先発医薬品)と「ジェネリック医薬品」(後発医薬品)の2種類があります。新薬は、開発から承認までに10〜15年かかり、莫大な開発費用が必要となります。また、完成したあとは、薬を開発した企業のみが一定期間、その薬を独占的に製造・販売できます。
 この一定期間が過ぎると薬を開発した企業以外のほかの企業も新薬と同じ有効成分をもった「ジェネリック医薬品」を販売することができるようになります。


ジェネリック医薬品の安全性

 ジェネリック医薬品は新薬と同様の安全基準を満たしており、厚生労働省のジェネリック医薬品承認基準をクリアした、信頼できる薬です。


処方について

 「ジェネリック医薬品を使用したい」とお考えの方は、まずは、自分の服用している薬がジェネリック医薬品に変更可能かどうか、医師や薬剤師に相談してみましょう。


更新日:2013.04.01

お問い合わせ


お問い合わせフォーム