本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > まち・環境 > 上水道・下水道 > 下水道の正しい使い方

下水道の正しい使い方TITLE

 〜一人ひとりが守る、私たちの下水道〜
 町の汚水処理は「公共下水道」「農業集落排水」「浄化槽」などにより行われています。どの処理方法でも、ますや排水管を通じて汚水処理されますので、みなさんの家庭で下水道を正しく使わないと、故障や事故が起こってしまします。


主な注意点

  • 台所のごみ・油は流さない
    台所から出る野菜くず、残飯、あるいは天ぷらなどの廃油は、排水管が詰まって汚水が溢れ出たり、汚水処理施設の機能を低下させます。
    残飯や野菜くずなどは、普通ごみとして出すか、生ごみ処理機などで堆肥化し、ご家庭のガーデニングなどに利用しましょう。
    油は、新聞紙などで吸い取るか、市販の製品を利用して普通ごみの日に出しましょう。(油は高温のまま、ほかの燃えるごみと一緒にすると引火する恐れがありますので、温度が下がってからほかのごみと一緒にしましょう。)
  • 水洗トイレは溶ける紙を使用する
    紙おむつや水に溶けにくいティッシュ、衛生用品などを水洗トイレに流すのも「ダメ」です。トイレを詰まらせるのはもちろん、排水管などを詰まらせる大きな原因となります。(紙おむつの便や、し尿瓶の尿など、「便や尿だけ」を流すことは構いません。)
  • 雨水は下水道に流さない
    下水道に、雨樋や屋外の足洗い場などを誤って接続した場合には、雨水等が流入して下水量が増え、処理コストの増大とともに、処理施設に大きな負担がかかりますので、雨水は下水道管に絶対流さないでください。
  • アルコールやガソリンを流さない
    揮発性の高い危険物を流すと、管の中で爆発したり、管を破損したりすることがあります。
  • トイレやお風呂の掃除に使用する洗浄剤には注意
    注意事項をよく読んでから使用しないと、有害ガスが発生することもありますので、大変キケンです。
    また、有害ガスにより蛇口や排水口のステンレス製品を傷めてしまうことがあります。


更新日:2013.04.01

お問い合わせ


お問い合わせフォーム