本文へスキップ

文字の大きさ.標準中大

メイプルくん

青森県上北郡六戸町。恵みの大地と人が結び合うやすらぎと感動の定住拠点。

TOPページ > 暮らし・防災 > 防災・防犯 > 災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう 

災害用の備蓄食品は定期的に入れ替えましょう TITLE


  • 事 例
     備蓄用に購入していたレトルトカレーが、気が付くと賞味期限を過ぎていた。
     試しに一度食べたが、味に変化はなかった。まだたくさん残っているが、食べても支障はないか。
  • ひとこと助言
    @災害発生時に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。
     1人当たり3日分、大規模災害発生に備えるなら1週間分の備蓄があると良いとされています。
    A「賞味期限」はおいしく食べられる期限のことであり、食べられなくなる期限ではありません。
     適切な消費を心掛け、定期的に確認しましょう。
    B日頃から保存性の高い食品を少し多めに買い置きし、賞味期限などを考えながら計画的に使い、
     新たに買い足す「ローリングストック法」も有効です。
 パンフレット(PDF文書/211KB)
更新日:2021.08.25

お問い合わせ


お問い合わせフォーム